地球温暖化を理解しよう

地球温暖化は世界中で始まっている


地球温暖化が始まったのは20世紀後半です。それまでは地球温暖化は進行していませんでいた。地球は昔から温暖化、寒冷化を繰り返しています。氷河期と呼ばれる時期があったということも歴史の勉強で習っていることでしょう。地球が温暖化しているのは、過去と同じよなことを繰り返しているというわけではありません。地球温暖化という問題は、人間が原因となって温暖化していることを指しています。

1970年台では地球は寒冷化しているという話が浮上して調査されました。その結果が地球は寒冷化しているのではなく、温暖化しているということだったのです。昔に比べると夏場が暑いと感じられるのは、地球温暖化が原因となっています。地球温暖化は地球に住む全ての人にとっても大きな問題となるのです。

地球温暖化が進むといずれは、氷河が溶けてしまって日本が沈んでしまう可能性も考えられます。このような事態を避けるためにも、国際的にも話が行われているのです。1992年には開催された地球サミットでは、気候変動枠組条約も成立しています。地球の温暖化については、定期的に会合を開催することが決まっています。様々な研究も行われており、地球温暖化の原因は人間が排出している二酸化炭素、温室効果ガスが原因であることも分かったのです。これらを削減することが、今の大きな課題となっています。

今後の目標としては2050年までに温室効果ガスの排出量を半分にするということが挙げられています。目標を達成するために、それぞれの国で取組が行われているのです。例えばエコカーや太陽光発電あんども地球温暖化を防止する目的があります。欧米の方では、日本よりもエコ対策が進んでいますので順調に削減を行うことが出来ています。

2050年はまだまだ将来的なことであると思われてしまうかもしれません。ですが、このまま地球温暖化が進めば、地球が住めない星になる可能性も考えられます。その事態を回避するためには、今直ぐエコ活動を行っていく必要があるのです。

■PS.地球温暖化の詳しい原因については以下のサイトをご覧ください。

地球温暖化まるわかり - 温暖化の原因〜悪影響まで詳しく解説